エッグベネディクト

についてご紹介します

エッグベネディクト|我が家の「簡単!料理レシピ・作り方」


エッグベネディクトについてのご紹介。 料理番組からヒントを得たり、実際にそのまま作ってみたエッグベネディクトの料理レシピを公開します。 エッグベネディクトをカテゴリーごとに分類して、後からの料理のヒントになるように分けてみました。 他のレシピカテゴリーもご参考になれば幸いです。

エッグベネディクト


2012年4月28日(土)
日テレ

嵐にしやがれ!

未知との遭遇しやがれ

フランス生まれのブランチメニュー【エッグベネディクト】をハイアットリージェンシー京都の総料理長、今は青山の高級レストランのオーナーシェフをつとめるミスターマシューが松本潤さんに伝授。


エッグベネディクトの命である、とろっとろのポーチドエッグ。以前、家で失敗したことがあるという松本潤さんは、不安顔ながらも丁寧に作って、生卵とゆで卵の中間の固さで、とろとろ~っ美味しそう!! 高評価をもらっていました。


私もポーチドエッグを作って、【エッグベネディクト】を食べました♪ ソースには、だし醤油を代用。バターも焦がさずに溶かして作っちゃいました(^_^;) 残念ながら、本場の味を知らないですが、とろ~っと流れる卵が美味しい(*^。^*) よかったよかった。


【エッグベネディクト】レシピ


<材料>  2人分

マフィン...2切れ
厚切りハム...2切れ(ベーコン代用)
卵...2個
酢...適量
バター...適量
クレソン...適量

(オランデーズソース) ※半量で足りました(2人分)
卵黄...2個
白ワイン...30cc
焦がしバター...125g
レモン汁...15cc
塩・白コショウ...各少々
ベジマイト(オーストラリアでポピュラーな調味料)...適量 
  ※だし醤油でも可

(トッピング)
オリーブオイル・白コショウ...各少々


松本潤さんが作った【エッグベネディクト】の作り方は、詳細に書きました。

スポンサーリンク


*オランデーズソースを作る* ●半量で作りました(2人分足りました)
1.ボウルに卵黄、白ワインを入れ、約3分間湯煎しながらツノが立つまで泡立てます(放送:泡立て器を使用)
マヨネーズの硬さになったら、焦がしバターを加えてかき混ぜます。(写真下:私は、溶かしバターで)

レモン汁、塩、白コショウを入れてかき混ぜます。
隠し味にベジマイトを入れます。(写真下:湯にだしを溶かし、しょう油を加えたものを使用)

※オランデーズソースとは、簡単に言うと温かいマヨネーズ。卵黄とバターをたっぷり使った、フランス料理の最も基本的なソースの1つ
●放送では、オランデーズソースがもう少し黒みがかった色合いのソースでした。


*ポーチドエッグを作る*
2.鍋にお湯を沸かし(約90度)お酢を入れてかき混ぜ、お湯でうずまきを作り卵を静かに落とします。
卵が底にくっつかないように、スプーンなどで優しくお湯を動かし約2分間茹でたら、そっとお湯から上げます。

※「うずまき」を作ることで、ポーチドエッグを失敗しない


*仕上げる*
3.厚切りハムをフライパンで焼き、表面にバターを塗ります。
マフィンをオーブントースターで焼き、厚切りハム、クレソンをのせて最後に2のポーチドエッグをのせます。

1のオランデーズソースをたっぷりかけて、最後にオリーブオイル、白コショウをかけて【エッグベネディクト】の出来上がり



ご参考になりましたら⇒ 

| レシピ TOP |